紫外線+オゾン+負イオンによる高い除菌力

カムフォールド 殺菌の仕組み

カムフォールドの特徴は、紫外線+オゾン+負イオンのトリプル機能による高い除菌力や消臭力です。

病院や食品工場向けの業務用機器で実績のある紫外線とオゾンにより、ウイルスや病原菌だけでなく、臭いの元となる化学物質やアレルギーの原因となる花粉、PM2.5まで分解します。

 カムフォールドはユニット内に空気を通し、コロナ放電間の冷陰極管型紫外線オゾン発生ランプによって発生する紫外線(波長253.7nm)と、オゾン(波長184.9nm)の効果により、ウイルス等を除菌します。紫外線発生量、オゾン発生量ともに、ランプのW数により能力の調整が可能であり、出口側でもコロナ放電を発生させればオゾンが分解され、排出されるオゾンは環境基準内(0.03ppm以下)に抑えられます。

紫外線とオゾンによる殺菌

 細菌はその細胞の中に核を持ち、遺伝情報をつかさどるDNA(デオキシリボ核酸)がその中に存在しています。このDNAの光の吸収スペクトルは図-1のように、260nm波長付近に吸収帯を持っています。また、紫外線の菌類に対する除菌効果の波長特性は図-2に示すとおりですが、この2つの図を比較するとわかるように、DNAの吸収スペクトルと除菌効果の波長特性は、非常に近似しています。

 細菌に紫外線を照射すると細胞内のDNAに作用して、水和現象、ダイマー形成、分解などの光化学反応をひき起こし、その結果、菌類が死滅に至るものと考えられています。なかでもDNAのチミンのダイマー形成が一般的な説となされ、図-3に示すように、260nm付近の波長をもつ紫外線の除菌効果が最も高いとされています。

石英製ランプは、殺菌灯ガラスに比べて短波長域をよく透過し、また、除菌効果の高い260nm付近の254nm光を効率良く発光していることから、この低圧水銀ランプが殺菌ランプとも呼ばれます。

オゾン濃度をコントロール

オゾンはO3であらわされます。また不安定な物質でもありO2+Oに分解しやすい物質です。細菌などの細胞膜に接した時、そのOが細胞膜を破壊します。菌は細胞膜が破壊されたことにより死滅します。この場合薬剤とは異なり、菌が耐性菌になる事はありません。

オゾンはその強力な酸化能力のため、天然元素の中ではフッ素に次いで高い除菌力を持っており、脱臭・除菌等に非常に有効な手段です。また、オゾンは自然界に存在している物質であり、分解すれば酸素に戻るため、薬品や化学物質のような残留毒性がないこともメリットです。

ただし、濃度コントロールを間違えると、人体に対しても悪影響を与えるため、オゾンの取扱いには知識と経験が必要です。

COMFORLDは、長年オゾンに関わった技術者が開発した空気清浄機で、内部に空気を取り込んで除菌・消臭する機能を持ち、オゾンを出口で分解してイオン化することで、オゾンを安全な濃度まで下げることが可能になりました。

また、運転モード(スリープ・弱・中・強)と部屋の大きさに応じてオゾン発生型紫外線発生ランプの出力を自動調整しており、安全性にも配慮をしております。