フィルター交換不要のフィルターレス空気清浄機

カムフォールドは、フィルター交換不要なフィルターレス方式の空気清浄機です。

カムフォールドはフィルターを使わず、紫外線+オゾン+負イオンのトリプル効果によって、ウイルスや化学物質を除去できるところに特徴があります。

一般的なフィルター式の空気清浄機は使っているうちにフィルターが劣化するため、一定の期間ごとにフィルター交換が必要ですが、カムフォールドはフィルターレス方式のため、フィルター交換は不要です。

メンテナンスも交換用ユニットを取り替えるだけで、フィルターの洗浄や掃除は必要なく、メンテナンスの周期もフィルター式の空気清浄機より長くなっています。

さらに、部屋全体を殺菌できるオゾン放出モードもあり、1台2役の家電製品として使用できます。

フィルター式空気清浄機のデメリット

フィルター式の空気清浄機に使われているHEPAフィルターは、非常に高性能なフィルターです。

人間の目に見えない0.3μmの粒子を99.97%以上捕集することが可能で、室内のチリやホコリだけでなく、花粉やクシャミの飛沫にも対応できます。

しかし、一般的なHEPAフィルターは湿気に弱く、細菌やカビが繁殖しやすいため、定期的に交換をしないとフィルター内で細菌やカビが増殖して、悪臭の原因になります。

また、HEPAフィルターは単に空気中の粒子やウイルスを捕集するものであり、ウイルスを除菌・滅菌する能力はありません。

化学物質やタバコなどに含まれる有害物質(一酸化炭素など)も除去できません。

HEPAフィルターではウイルスを捕捉し切れない

フィルター式の空気清浄機には、フィルターでウイルスを捕捉し切れないというデメリットもあります。

一般的なHEPAフィルターで捕捉できる粒子の大きさは、JIS規格で0.3µmとなっていますが、ウイルスの大きさはさらに小さな0.1µm程度であり、HEPAフィルターではウイルスを捕捉し切れません。

また、フィルターで捕捉したウイルスは、不活性化しないとそのまま残存します。

海外の査読制医学誌「The Lancet」によると、ウイルスは木材や布で最大48時間、プラスチックやステンレスでは最大72時間残存でき
るとされています。

ウイルスを確実に除菌するためには、フィルターだけでは不十分です。